鉄のはじまりと日本刀

現在鉄の製品が作られるためには溶鉱炉(ようこうろ)が、用いられておりますが、日本の歴史のなかで大きな原動力を築きあげてきた製鉄法は「たたら製鉄」と呼ばれ、近代製鉄法が輸入されるまで、日本刀などの鉄製の道具はすべて「たたら製鉄」によって生まれたものでありました。

「たたら製鉄」は、明治時代以降に、一時は衰退したようですが、日本刀づくりには欠かすことのできない「鋼(はがね)」をつくるために昭和52年から保存協会らが島根県において日本刀をつくるための「玉鋼(たまはがね)」をつくり続けるようになったそうです。

「玉鋼」をつくる際の1回の作業において、投入した砂鉄からつくられる「玉鋼」は。約10分の1以下となってしまうというのですから日本刀になるための素材づくりがいかに貴重であるものなのかを伺い知ることができます。古来kら日本では、製鉄業が営まれてきましたが、日本に「鉄」が伝来したのは、縄文~弥生時代ではないかと言われているそうです。

その後、古墳時代にかけて日本国内においても鉄の製造がはじまったなどと考えられているようなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です