日本刀の歴史

日本刀の歴史江戸時代中期から幕末江戸時代初期には武家諸法度によって刀の寸法や身分による所持の規制が制定された。当時の大小の拵えには普段に帯用するものと儀礼の場に用いる物に分けられた。儀礼用の大小には「柄頭には水牛の角を使用し、黒漆を塗って用い、柄糸は黒糸で菱巻き。鞘は黒色を帯びた物で栗形は角味を帯び、大は一文字で小は船底方。等の細かい原則が定められていた。これに対して普段使用する大小は色鮮やかな柄巻きを使い、鞘にも様々な素材を使用し変化にとんだとそうが施された。