飛騨守氏房の嫡子である氏房

飛騨守氏房の嫡子である氏房は尾張の代表的な刀工だそうです。文禄4年に尾張国清須城下に生まれたそうです。慶長15年ごろに名古屋城下い移ったそうです。遺例に、平造り脇指があるそうです。興里というのは江戸時代前期の武蔵国の人だそうです。江戸時代新刀の代表的な名工だそうです。越前の甲冑師出身と伝えられているそうです。江戸に出てから刀工に転じたそうです。作風は、2つの連れ瓢箪の形になった互の目を連ねた数珠刃へと変わったそうです。銘字も「虎徹」から「逓徹」に変えて、また「虎徹」と切るなどの変換があったそうです。試刀家の山野久永、久秀の試し銘入りの作が多いそうです。晩年は上野東叡山付近に住んだそうです。刀身彫も巧みだそうです。興正というのは、江戸時代前期の武蔵国の人だそうです。興里の門人だそうです。のちに養子となって、虎徹二代を襲名したそうです。勝國というのは、江戸時代前期の加賀国の人だそうです。勝國二代だそうです。陀羅尼派。初銘は家重。包國というのは江戸時代前期の摂津国の人だそうです。大和手掻派の末流だそうです。大阪に出て、丹波守吉道初代の門人となったそうです。包定というのは江戸時代前期の大和国の人だそうです。手掻派の末流だそうです。京、江戸本所においても打ったそうです。十文字槍の遺作があるそうです。包貞というのは江戸時代末期の摂理国の人だそうです。包貞の初代だそうです。山田平太夫。陸奥守包保の門人だそうです。包貞の二代は、大阪の新刀の代表的な刀工だそうです。包貞初代の門人だそうです。直刃のほかに助廣張りの涛瀾乱を焼いて上手だそうです。のちに師の包貞初代の子、岩松に包貞銘を譲って、自身は板倉言之進照包と改名したそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です