刀の購入は慎重に行う

実際に刀を購入しようと思ったときには、充分に考えてから決断する必要があります。店によっては考える時間を与えずに上手く買わせて来ようとしてくることもありますし、何か理由があって極端に安価な刀を売っている場合もあります。特に初心者のときには、店の人の言うままになってしまうこともありますが、日本刀の購入は「勉強代になった」というには高い買い物です。まず、日本刀を購入するときには、絶対に衝動買いをしないようにしましょう。そのためには、自分で欲しい刀のイメージをきちんと固めておくことが大切です。刀剣と行っても、短刀、脇指、太刀など、造込みだけでも多くの種類があります。また、刃文も直刀か丁字乱刃かなど、さまざまです。自分が刀を手にいれるときには、どんな作風の刀が欲しいのか、どれだけの予算で買うのか、他にも地域や時代、作者の好みもあるでしょう。鑑賞をするための刀が欲しいのか、居合や演舞で使う実用的な使い方をしたいのかでも変わってきます。何となく欲しいと言うと、刀剣店も何を勧めていいか迷ってしまいますし、実際に出されたものに納得できないということもあるでしょう。ある程度、自分で欲しい刀を言葉で説明できるようにしておきましょう。刀剣の購入に慣れてくると、今度は掘り出し物を安く買おうという欲が出てくる傾向にあります。しかし骨董店で眠っていた刀が名刀だったというパターンは、実際にはまずありえないことです。安く買えたからといって、実際に鑑定に出してみたら偽物であったというパターンも多いと言われています。安く買って得をしようという気持ちではなく、その刀の価値を自分で見極めて、見合った価値のお金を払えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です