日本刀を作る現場の阿吽の呼吸

日本刀から生まれた言葉は、数多くあることをご存知ですか?例えば「相槌を打つ」などですが、これはなんとなく、皆さんもおわかりいただけているでしょうか。刀剣を、製造する際の鍛造は、金属を加工することになりますが、このような形での金属の加工においては、現代では多くの場合、機械を使用することがほとんどであるようです。時代を遡ると刀剣の製造現場においては、人々が「阿吽の呼吸」で金属を打ち付けながら、打ち刀を製造していたようです。匠の技を持つ職人先輩と、後輩らが呼吸やリズムを合わせて鉄を打ち付ける際に、生まれた言葉が、相槌を打つなどといった形で、お互いのリズムを合わせるお互いの呼吸を合わせることによって、相手に合わせるといった意味合いから、相槌を打つといったような言葉が生まれたなどとも考えられているようです。実際に、昔から餅つきなどで杵をつく際などにも、お互いの呼吸やリズムが合っていないと、なかなか作業は進まないなどと言われ、このような事柄から物の事が前に進まないといったような言われが「相槌を打つ」の語源になったとも考えられます。相槌を打つことで、お互いの意見が同じ方向性であるといったような同調性を生み出す意味合いは、古来の人々がお互いの力を合わせて刀を作るといいった作業の現場から生まれてきたのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です