佐々木小次郎は、どうして長い刀であたのか

多くの人が知っている佐々木小次郎と宮本武蔵の戦いでありますが、二人は宿命のライバルとして、歴史上において有名な人物であります。巨大な日本刀を振るう美しい剣士というイメージが佐々木小次郎には定着しているようですが、その実態はや出生なども謎に包まれているようです。有名な巌流島の決闘に関しては、専門家たちによって様々な研究が行われているようですが、謎のベールに包まれて入ることによってそのドラマティック性がさらに人々を魅了しているのかもしれません。小次郎の刀は物干し竿のように異様に長いという外見が特徴であったようです。 実際に長い刀を日常生活の中で実戦で使用するとなると、狭い部屋の中ではその攻撃力は半減する以前に、立ち振舞いが行えないなどとも言われています。実際に振り回すことができないのであれば、武器という名がすたってしまうでしょう。戦国の世で合戦場にこのような長い刀を持ち込んだとしても、有利な武器であるとは考えにくいはずです。 大きく長い刀を振り回すには、それなりの身長や体力が必要となってくることも確かです。当時の日本人の平均身長などを考えると長い刀といってもほどほどであることが望ましいと言えそうです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です