日本刀の比較

日本の刀と、外国で作られた刀が、一体どのように違うのかということに、興味を持っている人は非常に多いかもしれません。とりわけ、日本の刀の場合には、とにかく切れ味を重視していることが多く、どれだけ切れるのかということをポイントとして挙げている人は、案外多いかもしれません。日本刀の場合には、刀そのものが重要であり、どれだけ切れるのかということが一番のポイントであるという風に言えるかもしれません。その一方で、外国の刀の場合には、どのように刀が見えるのかという、外観の部分を気にしていることが多い、という風に言えるのではないでしょうか。それはつまり、外国の刃物などが、儀式やイベントなどで使われることが多く、いわば模擬刀的な役割を果たしていたというふうに考えられなくもないのではないでしょうか。その一方で、日本との場合には、あくまで何かを切りつけることを目的としていた場合が多く、日本では、平安時代以前などにおいては、西洋などのように相手を突くための刀などが存在していたという風にも言われているわけですが、様々な合戦や戦などを経験していく中で、相手をいかにして切りつけダメージを負わせることができるのかという点に特化して行くことになったのが、日本刀の日本刀の特徴であると言えるのではないでしょうか。曖昧なイメージとして言えるとすれば、一般的に日本刀というものは、両手で持つことをイメージして作られている場合が多く、西洋で作られた刀の場合には片手で振り回しているイメージを持っている人は多いかもしれません。日本刀の場合には、基本的に最も基本的な原料として砂鉄を用いたりするようですが、海外の刀の場合には、鉄鉱石などを用いることが一般的であり他にも異なる点としては、熱した後の鍛錬をしないということも特徴の一つであるという風に言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です