修行と刀

日本刀を用いた武士道では、その修行の、ひとつひとつの過程をおろそかにしてしまえば、その精神にも影響するという考え方は、別に武士だけにみられるものではなく、西洋の騎士道精神にもみられるようで、正々堂々と世を歩くためには、騎士道の道をまっすぐと歩くことが重要とされていたわけですが、残念ながら西洋では騎士道精神がほとんどうしなわれてしまったということは嘆かわしものです。しかし、日本ではその考え方や精神が脈々と受け継がれているということは幸福なことであるともかんがえられなくもないわけですね。全てのものを取り次ぐということが良いとは考えられなくもないわけですが、武士道精神とついでいくことはわすれないようにしたいものですね。日本刀にも、演舞とよばれる空手のかたのようなものが存在しており、それをこなしていくことで、技術はもちろんのこと、精神的な成長にもつながるということは確かに言われているようで、演舞をすることは、こころの鍛錬にもつながっているんだということを忘れずにおもっておくことが重要だといえるかもしれませんね。現代では居合道がこれを体現しいてるなどというふうにもいわれることも多いわけですが、かたを用いた練習は、日本刀を用いても単調になることがおおく、本人にとっては退屈に感じられてしまうこともあるというふうにきいたことがあるような気がしますが、それこそ、まさに、武士道の示している我慢の精神を表していると言えなくもありません。刀を通じて人間的成長をするという当時の目的をはたすためには、このような考え方を改めていかなければならないということは、時代を経たいまであっても、確実にいえるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です