日本刀における刃とは

刃とは日本刀における切れる部分のことで、刀工が研ぎを入れて仕上げる部位を指します。
刀と混同されることが少なくない刃ですが、刀は刀剣そのものや日本刀の別の呼び名です。
つまり刃とは日本刀のうち、切ることができる範囲を指す言葉だといえます。
ちなみに、日本刀の刃は世界で一番切れ味が優れると言われています。
紙のように薄いものですら、良く研がれた刃は綺麗に切ることが可能です。
包丁やそれこそカッターとも違う感触でスッと切れるわけですが、切れ味の秘密は主に折り返し鍛錬を繰り返すことにあります。
いずれにしても、刃とは扱いが難しく下手をすると怪我をしてしまうので、真剣を扱う場合は自分や周りの人が怪我をしないように、細心の注意を払うことが不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。