鶴丸国永の日本刀

平安時代の万匠・五条国永の作刀の中でも、もっとも優れた太刀といわれている が、作刀の地は不明である。鎌倉幕府の有力御家人・安達泰盛が所持していたが、幕府の政変により安達一族事だと量が滅びると、北条貞時の手に渡った。貞時は、この太刀欲しさに泰盛の墓を掘りおこしたともいわれる。細身で鋒が小さくて優れた名刀である。 北条家から織田信長の手を経て、仙台藩の伊達家へもたらされる。維新後、 天皇に献上され、皇室の御物となった。 たいへん優雅で洗練された姿、 武器というよりは美術品とし 明治天皇に献上され、皇室の御物となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です