不動正宗に刀

いわずと知れた、名匠・正宗の作。正宗は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて、相模国(神奈川県)鎌倉で活躍した刀匠である。 この不動正宗は、刃長お岨の短刀で、茎には「正宗」と銘が切られている。正宗の作品は多く現存するが、銘の入ったものは極めて少なく、たいへん貴重な作品である。不動明王の彫物があることから、不動正宗の号が付けられた。 この作品に関しては、ほかの日本刀のような逸話があるわけではないが、「名刀・ 美万」を紹介するには正宗の作は不可欠である。 重要文化財に指定され、愛知県の徳川美術館が所蔵しています。

平安時代後期の刀匠・波平行安の作。波平は、薩摩国(鹿児島県西部)の刀工集団名で、当時の武将たちに「薩摩固に波平あり」とまでいわしめた。 ある日、波平行安は、めったに見られない名刀を作ろうと思いたち、鍛冶場にこもった。 数日が経ち、鉄を打つ音が聞こえてこなくなったため、心配した妻は鍛冶場をのぞいてしまう。行安は最後の仕上げをしているところだった。集中力が途切れ、失敗したと思い、あと一歩で完成するはずだったその太刀を、裏の竹やぶに捨ててしばらくすると、その竹やぶで何かが光っているという噂が流れる。村人が確かめに行くと、一振りの太刀が埋まっていた。茎が地中に埋まり、直立した状態の刀身には、舞い落ちた笹の葉が無数に貫かれていた。失敗したと思い、行安が捨てたゆえん 太刀である。これが、「笹貫」と呼ばれるようになった所以である。 現在は、重要文化財に指定され、京都国立博物館が所蔵している。